残業時間の問題について考える

世界的に見ても、日本人の労働時間は大変長いものになっています。
近年になり、労働時間を縮小させようと様々な努力がなされていますが、それでもまだ長い時間働いている人が多いのが現実です。
特に、日本で問題になっているのが残業時間の多さです。
日本の古くからの慣習も影響しているように、長時間職場にいて仕事に従事していることが評価されるためです。
しかしながら、効率性の問題からアプローチすると、残業時間の長さは仕事での成果と比例しないことが分かっています。
つまり、早急に解決すべき問題点と言うのは、日本人の就労時間に対する考え方なのです。
そこで必要なのが、法律で残業時間を規制することだと考えます。
長い慣習や固定観念といったものは、簡単には変えることは難しいものです。
ですから、法律をきちんと制定することで、必要以上の労働が行われることがなくなります。
その上、就労時間の長さが関連して引き起こされる、過労やうつ病などのトラブルも回避することが可能になります。

Copyright(c) 法律 残業時間 All Rights Reserved.