残業時間についての知識を持つべき

サラリーマンの方であれば、残業をしている方は多いと思われます。
ただ、残業時間の法律を理解している方はそこまで多くないようです。
労働基準法で決められているので、各自知識を持つべきです。
労働基準法では一日に8時間、週に40時間を超える労働は基本的に認められていません。
基本的には残業はダメですが、労働者と企業が労使協定を結んだ場合に限り認められています。
残業時間は一ヶ月で最大45時間となっているので、これ以上の働かされた場合は違法になります。
また、残業手当が支払われないサービス残業が問題になっています。
働いた分の給料を貰うのは当たり前に権利なので、しっかり主張するようにしてください。
さらに営業職で働いている方の中にはみなし労働時間制の方がいるかと思われます。
みなし労働時間制の場合でも残業代は請求することが当然できます。
この働き方で支払われないケースが結構あります。
どのような働き方でも残業代はしっかり受け取る権利があります。
企業の言いなりになるのではなく、労働基準法の知識を持って、主張していくことが大事になります。

Copyright(c) 法律 残業時間 All Rights Reserved.