法律でサービスとされる残業時間

労働基準法という法律では、一日に働く労働時間を「8時間以内」、一週間を合計すると「40時間以内」と定めています。
これ以上働く場合は、「残業時間」として計算されます。
「サービス残業」というのは、この残業時間をサービスして働くという意味です。
もちろん、サービス残業は法律違反となります。
サービス残業を会社に強要された場合には、労働基準監督署に訴えれば指導が入ります。
会社が労働基準監督署の指導を無視したり、対応が悪質な場合には罰則もあります。
罰則は、「6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」となっています。
その会社と社長などが訴えられます。
働きすぎによる過労死などが社会問題とされて、サービス残業は無くす方向にあります。
リストラされた社員が、未払いのサービス残業代を会社に請求するような例も増えてきています。
残業代を受け取るのは労働者の権利ですから、周りがサービス残業を容認しているからと言って遠慮せずに請求するようにしてください。

Copyright(c) 法律 残業時間 All Rights Reserved.